未来教育会議とは

未来の社会未来の人未来の教育のあり方を
多様なマルチステークホルダーで共に考え、
共に豊かな現実を創造していくためのプロジェクトです。

急速にパラダイムシフトする社会の中では、「教育のあり方」と「社会のあり方」を同時に進化させることが大事です。
私たちが創るべき未来の社会の姿とはどのようなものか? そこで生きる人々はどのような力を持っているのか?
そして、そのような人びとを育てるための教育はどのようなものか?
学校、家庭、企業、地域が共に連携して、 豊かな未来の実現に向けたアクションを創造していきます。

大きな時代のシフトの中で、社会システムとその社会を支えるヒトの価値観も変容してきています。
20世紀には「効率」「画一性」「規制・制限」「国内完結の思考」が求められていましたが、21世紀には「効果」「創造性」「自由・開放」「国境を越えた思考」が求められるようになってきています。
不確実かつ多様性の高まる21世紀の社会において、自己実現と社会の幸せをともに実現する人材を育成するために、教育のあり方を見直す必要があります。

現在の教育は、教育業界、民間企業、地域、行政とさまざまな立場のヒトが関わり、真摯に取り組んでいます。しかし、それぞれの立場で部分的に最適化していることで教育システムの停滞や崩壊につながってしまっているのではないでしょうか。
いま、それぞれの立場を越え、一体となって日本の教育への関わることが求められています。